携帯電話しかなくてクレジットカード審査は通る

クレジットカードの申請をするとき、書類でもインターネットのWeb申し込みでも、「電話番号」記入欄があります。

いまどき固定電話も携帯電話も持っていませんというひとは少ないと思いますが。
でも一人暮らしで自宅に固定電話を引いていないという若者世代って結構多いんですね。

インターネット回線の光ファイバーは電話回線を利用していますが、固定電話番号をもっていなくても引くことができますから、いまや固定電話は要らないという時代なのかもしれません。

では、クレジットカードの申請の際に固定電話を持っていませんという場合、どうなんでしょう?

住所不定ではないけれど

住所が確認できるということは、社会的にはとても重要な要因です。いわゆる「住所不定」ではないということを証明しますから。

ですから、本人確認の書類として自宅に送られてきたガス水道などの「公共料金の領収証」などの提出を求められることもあります。

クレジットカードを作るときは、固定電話がないよりもあったほうが良いようです。ケータイは取得する際に結構たくさんの本人確認書類を見せているわりには、まだ差ほど信用力がないみたいです。

確かに、SoftBankにばプリペイドケータイがありますし、あれは一度購入してしまえば以降、住所不定になってもプリペイドカードを買い続けることができます。

実際に、どうしてクレジットカードの審査に落ちたのかわからないというケースの原因を特定していくと、「固定電話を持っていなかった」という結論に行き着くこともあるようです。

昔のように固定電話を引くときに7万円近くもする電話加入権を購入する必要がなくなりました。固定電話がなくて少し不安な方は、クレジットカード申請前に電話を引いたほうが安全かもしれません。

審査落ちを繰り返す前に楽天カードを狙う

楽天カードのテレビコマーシャルを見たことがありますか?
インターネットでカードの申請をしてあとはカードが届くのを待つだけ。書類審査が一切ありません。

ケータイだけで固定電話がないということをカード会社に伝える必要がありません。試してみてはいかがでしょうか。
» 楽天カード