クレジットカード審査に落ちてしまったら

クリーンな人であれば特に問題はないんでしょう。
でも、ちょっとグレーで内心ドキドキしながらキャッシングやクレジットカードを申し込むと、やっぱり審査に通らないんですね。困ってるからおカネを借りたいにもかかわらず泣き面に蜂です。

総量規制という枠組みがあります。
個人の借り入れ総額が年収等の3分の1(原則)までに規制されることです。クレジットカードを作る際には、当然、自分の収入と借金を計算して、総量規制に引っかからないことを確認します。

その上で申し込み、まだ借り入れもしていないクレジットカードなのに審査に落ちるっていうのは、意味が分かりません。あなたの見えない世界で、いわば非常に不透明な状況で決められているののが現実です。

しかし、審査に通らなかった場合、それが個人信用情報として記録され一定期間残ってしまいますから、審査に落ちたときこそしっかりと事後の対策を錬らないといけません。

クレジットカードの審査に落ちたときのチェックポイント

次に挙げるようなチェックポイントをしっかりと確認してみましょう。必ず何かウィークポイントが見つかるはずです。その多少時間は掛かりますがウィークポイントを粛々と克服して、次回の審査にはパスできるようにしましょう。

過去の事故記録を思い出してみる

過去に「1日、2日くらいならきっと大丈夫」と返済日を守らなかったことがある。もしかすると遅延損害金などは発生しなかったかもしれませんが、しっかりと記録が残ります。

私の経験上、1日、2日くらいは大丈夫というのが1回や2回ということはありません。1回遅れるのも2回遅れるのも別段たいした違いはないと考えているようだと、そういった行動パターンが金融機関の記録にキッチリと残っているわけです。

思い当たる節がないというときには、クレジット会社が加入している個人信用情報機関であるCICのホームページから確認をとってみましょう。

あなたの「遅れても大したことはない」という返済の行動パターンが、貸す側からすればとても大事なことだったということを書面で見せていただけることになります。

無職・アルバイト・専業主婦ですか?

総量規制にひっかからずとも、年収に対する保証ができないときにはクレジットカード審査が通らないことがあります。
休職中であったり、アルバイト(契約社員のことではありません)も同じ。
安定収入が望めなければ返済が滞る可能性がありますから、金融機関は慎重にならざるを得ません。

一度、処遇を客観的に確認してみましょう。

審査に落ちたら一定期間を置きましょう

A社のクレジットカード審査に落ちたから、ワラにもすがる思いで試しにB社に申し込んでみる。
これが最悪のパターンです。

A社もB社も金融機関の根っこは一緒。同じ個人信用情報機関のデータを参照していますから、逆に困っていることを晒しているだけということになりかねません。

審査に落ちた場合、6ヶ月間は貝になり新たな借り入れの申請はしないようにします。

以前に審査が通らなかったのであれば、手帳やケータイの記録、申し込んだときのメールの返信などを探して、前回落選した日付を特定しておきましょう。

半年間はジッと大人しくしていることです。

とは言っても半年も待てない。
追加で今、おカネを借りなければ次回の返済ができない。
返済ができなければ事故情報として記録されてしまう。
胃が痛い。。。キリキリ痛い。

返済遅延の事故情報として記録を残すか
審査に落ちた記録を残すか。

どちらを取っても不名誉な記録が残ることには変わりません。

どちらのリスクもとらない方法が唯一。
個人信用情報機関の記録を合法的に調査してくれる第三者にお願いすることです。

匿名審査などがそれに当たります。
オレって、アタシってちょっとグレー?
というあなたは、いきなり金融機関に切り込むというリスキーな行動はいったん止めて匿名審査を受けてみるのも方法です。

返済日は待ったなしです。

匿名調査では借り入れ可能な金融機関を紹介してもらうこともできます。
とりあえず、匿名審査。次回の返済はクリアしながら、半年間の冷却期間を無事に過ごしましょう。