クレジットカードの利用限度額を引き上げる方法

クレジットカードを申し込もうと思って、色々なクレジットカード会社の情報をインターネットで検索してみます。すると、例えば○○カードは「所得証明の提出が不要で100万円まで可能」とか、△△カードは「消費者金融系だから総量規制があるので限度額50万円まで」というような情報が見つかります。
同時に「比較的に審査が柔軟」などのような情報も。

そこで、あなたに必要な利用限度額のカードを選んで申し込みをし、審査に通ってカード発行という段取りに。

しかし、実際に手にしたカードの利用限度額は、インターネットで入手した情報とは違っていた。おかしいという経験はありませんか?

利用限度額はあくまでも上限で個人差アリ

インターネットやカード会社から入手する情報にある利用限度額というのはあくまでも最高額であって、あなたが最高額までの限度額を認められるかどうかは別の問題です。

例えば、利用限度額100万円のカードを申し込んで、実際にカードが届いたらショッピング枠50万円、キャッシング枠0円(ゼロ)ということだってあります。

話が違うじゃないか・・・といいたくなるところです。
では、この限度額はどうやれば変更できるのでしょうか?

限度額の変更をカード会社に直接依頼してみる

ショッピング枠に関して言えば、カード会社のサポート窓口に直接連絡をして限度額を引き上げてもらうように依頼してみるのが方法の1つです。

ただ闇雲に限度額を上げてくれと依頼するのはNGで、例えば海外旅行に出掛ける予定があって、急な出費が考えられるので引き上げてもらいたいというような理由付けが必要です。

但し、これはあくまでも海外旅行に出掛ける期間のみの特例になりますので、それ以降も限度額が引き上げられたままということは通常ありません。

カードの利用実績を積み重ねる

最も確実でかつ正攻法のやり方は、クレジットカードを利用することです。

カード会社は自社のカードを頻繁に利用してくれるお客様を大切にしたいと思うのが普通です。当初の限度額が20万円なら、それに近い金額を定期的に利用して、確実に支払って行くという利用実績を積むことです。

もし初めてのカードであれば、他社のカード利用情報がありませんから、この方法で実績を積むことが他社のカードを作ったときのあなたのカード利用実績として照会されることもありますから、将来的にもとても重要なことです。

逆にカードを利用しないと、カード会社によっては3ヶ月ごとに査定をする場合があって利用状況によっては限度額引き下げという憂き目にあうケースもあるので要注意です。

キャッシングの繰り上げ返済

発行されたカードにキャッシング枠があった場合、敢えてキャッシングをしてみるのも方法です。キャッシングは「お金を借りる」ことになりますから気が進まないという場合もあるでしょう。

しかし、「キャッシング枠でお金を借りてもらう」というのは、カード会社にとっては金利分が利益になります。あなたは利益を生んでくれるお客様と、そうではないお客様のどちらを優遇する可能性があると思いますか?

キャッシングをして限度額を引き上げるポイントは、「繰り上げ返済」をすることです。

期限通りではなく敢えて早めに返済することで、あなたは「計画性がある」、「資金的に余裕がある」と判断される可能性があります。

もちろん確実ではありません。
こういった実績(履歴)を積み上げていくことで、あなたへの心象が良くなるということです。

同じお客様なら、どちらの行動がカード会社にとって「利益になるのか」。
このあたりがポイントになると思います。

3つ例を挙げましたが、あくまでも利用限度額が上がる可能性があるという例で、確実に枠が広がるということをお約束するものではありません。あくまでも参考まで。