キャッシングとカードローンどちらを選ぶ

金融機関から借りなくてはいけないことがあります。いわゆる急な出費というやつです。

実際には急な出費というよりも、当てにしていた入金が遅れたとか、出費があることはわかっていながら散財してしまったとかが本当のところではありませんか?

さて、インターネットの普及と最近のスマートフォンの爆発的な浸透とともに、金融機関からおカネを借りやすくなっています。スマホから申し込めば来店することなく、即日で審査が終わり借り入れが完了という便利な時代。

しかし、いざおカネを借りようとしたときに迷いませんか?
頭に思い浮かぶのは、テレビのCMで流れていたいくつかのブランド。「初めての○○○」という消費者金融や、「実は口座がなくても借りられる」というメガバンクのカードローン。

どこで借りればあなたにとって一番オトクなのでしょう。

キャッシングとカードローンの違い

どちらもおカネを借りることに違いはありませんが、キャッシングとカードローンの違いはご存知ですか?

キャッシングもカードローンも、事前審査を受けて審査に通って契約して初めて利用できるという点は同じ。カードが発行されれば銀行やコンビニのATMから預金口座からおカネを引き出すのと同じようにおカネを借りることができる点も同じ。その他、細かいことは除いてほとんど同じです。

では、どこが一番違うのか。

それは返済方法です。

キャッシングとカードローンの返済方法はココが違う

ほとんど違いが分らないキャッシングとカードローンですが、返済方法が違います。

種別 返済方法 利用方法
キャッシング 一括返済 次の入金(給料など)で一括支払いできる予定がある。一括支払いできる範囲の借入金額。利息を安く抑えたい。
カードローン 分割返済 次の入金で一括返済ができないが、分割なら返済できる借入金額。多少、利息を多く払っても止むを得ないような高額の出費に対応。

キャッシングは一括返済ですから10万円借りれば、10万円+利息を期日までにキッチリ返済することになります。従い、次の入金で一括返済したら余力がなくなるようなときに、キャッシングは利用すべきではありません。

急に50万円必要になったというような場合で、次の入金で50万円+利息を一括返済できる見込みがないのであれば、迷わずにカードローンになります。いわゆるリボリング返済(リボ返済)の形式です。

一括返済できるか、多少返済期間は掛かっても分割返済で返すか。
収入によって一回に返済できる額は異なりますから、どちらが良いとは言い切れません。あなたの収入と借入金額を天秤にかけて、キャッシングかカードローンのどちらかを選択することになります。

キャッシングとカードローンのどちらがお得かはなかなか判断が難しいです。ひとつだけ言えることは、キャッシングにしろカードローンにしろ借り入れできて急場が凌げたこと、それだけでもう得したと考えるといいですね。あなたにそれだけの信用があるということですから。

キャッシングとカードローンの両刀使いがおススメ

キャッシングの審査に通過して借り入れができるということは、恐らくカードローンの審査も通るはずですから、両方持てば便利です。

1回10万円前後の少額借り入れはキャッシング、高額借り入れはカードローン

一般的にはこんな使い分けになると思います。

銀行系、消費者金融系、信販系とそれぞれ借入金額に対する金利が若干異なりますので、とりあえず比較してみることです。キャッシングでは30日間無利息というサービスも増えていますし、カードローンでも800万円まで借り入れ可能という商品もあります。

円安が進んで物価が上がっているにもかかわらず、あまり給料は変わらない。少し給料が上がったけど日常の生活費が上がってやっぱり生活が豊かになった感があまりない。

不透明な経済状況で何が起こるかわかりません。審査が通るときに両方カードを作っておくだけでも万一のときの備えになります。本当に何が起こるか分りません。会社を解雇された、派遣を切られた、無職になった、そうなるとなかなかカードは作れません。

備えあれば患いなし。但しご利用は計画的に。