あたり前の借り入れの心得

借金は借金以外のナニモノでもありません。
最近はATMなどから、まるで自分の銀行預金口座から引き出すかのように現金を買い入れることが出来ますが、所詮、他人のおカネ。

ATMから借り入れて手元に1万円札10枚あろうとも他人のカネ。
これを自分のおカネと勘違いしてしまってはいけません。



当たり前のことを言っているようですが、実は借金が膨らむひとの特徴は、「借入金をまるで自分のカネのように勘違い」してしまい、「期日どおりに返済しなくてはいけない」という感覚が希薄になりがちです。

あくまでも返済可能な範囲で、急遽マイナスになってしまったけれども○○日後には入金の予定がある、という場合にのみ借り入れをするのが常識だということを忘れてはいけません。