キャッシングとカードローンどちらを選ぶ

金融機関から借りなくてはいけないことがあります。いわゆる急な出費というやつです。

実際には急な出費というよりも、当てにしていた入金が遅れたとか、出費があることはわかっていながら散財してしまったとかが本当のところではありませんか?

さて、インターネットの普及と最近のスマートフォンの爆発的な浸透とともに、金融機関からおカネを借りやすくなっています。スマホから申し込めば来店することなく、即日で審査が終わり借り入れが完了という便利な時代。

しかし、いざおカネを借りようとしたときに迷いませんか?
頭に思い浮かぶのは、テレビのCMで流れていたいくつかのブランド。「初めての○○○」という消費者金融や、「実は口座がなくても借りられる」というメガバンクのカードローン。

どこで借りればあなたにとって一番オトクなのでしょう。

“キャッシングとカードローンどちらを選ぶ”の続きを読む

地方銀行の住宅ローンの審査に落ちた理由

地銀と信用金庫の住宅ローン審査に落ちました。約3,000万円のローンです。

お願いしている不動産屋は特に問題なしと言いますが、申請すると必ず審査に落ちます。その理由が分りません。
現在、分割支払いのローンと医療保険を合わせて3万円ほど月賦で支払っています。そういう意味では申請した住宅ローン以外に借り入れがあります。

夫の年齢は30才、年収は約500万円で正社員です。
妻は以前クレジットカードでショッピング、キャッシングをした際に何度か遅延したことがあります。

住宅ローンは夫の名義ですが、審査に通らなかったのは妻の金融事故と関係があるのでしょうか。
次は都銀に住宅ローンの申請をしますが通るのでしょうか。

“地方銀行の住宅ローンの審査に落ちた理由”の続きを読む

所得証明書提出不要 楽天銀行スーパーローン

楽天銀行のスーパーローンが利用限度額200万円までであれば、所得証明書の提出が不要になりました(2013年1月から)。
楽天銀行という銀行系ですから、所得証明書の提出が不要だったのは以前は100万円まで。

限度額100万円でもそれなりの金額だったのに、200万円まで所得証明書の提出が不要となれば、あわよくば申請してみようと考えるのが普通です。

所得証明書を提出すれば、限度額500万円まで利用可能です。

もともと楽天銀行は、楽天カード、楽天プレミアムカード、楽天銀行カードローン、そして楽天銀行スーパーローンと、審査が迅速、主婦などでも比較的に通りやすいということで通っています。

楽天銀行のスーパーローンの場合はどうなんでしょうか。

“所得証明書提出不要 楽天銀行スーパーローン”の続きを読む

イオンのイオンカード WAON 一体型

イオンの発行するイオンガードは意外に狙い目です。

いくつかポイントを挙げると以下の通りです。

  • WAONポイントのキャンペーン
    ひとつひとつのポイントキャンペーンは期間限定ですが、繰り返し実施されます。
  • ETCカードが無料で発行できます
  • お買い物が5%オフ
    イオン、ビブレ、マックスバリュなどの店舗での利用で5%になります

“イオンのイオンカード WAON 一体型”の続きを読む

楽天カードを作ったけれどキャッシング枠ありません

楽天カードはクレジットカードのなかでも比較的に審査が柔軟で、発行されるまでの日数も早ければ2,3日という取得のしやすいクレジットカード。

専業主婦やパート・アルバイトの方でも審査が通るので有名です。

と、インターネットの情報を見ていたら、どのサイトやブログでもそのように書いてあったので申し込みをしたという方は多いと思います。

ネットの情報にあったように、数日でカードの入った楽天の封筒が郵送される。
開封してカードを確認。
同封されている明細を確認。

あら?話が違う・・・

“楽天カードを作ったけれどキャッシング枠ありません”の続きを読む

クレジットカードの利用限度額を引き上げる方法

クレジットカードを申し込もうと思って、色々なクレジットカード会社の情報をインターネットで検索してみます。すると、例えば○○カードは「所得証明の提出が不要で100万円まで可能」とか、△△カードは「消費者金融系だから総量規制があるので限度額50万円まで」というような情報が見つかります。
同時に「比較的に審査が柔軟」などのような情報も。

そこで、あなたに必要な利用限度額のカードを選んで申し込みをし、審査に通ってカード発行という段取りに。

しかし、実際に手にしたカードの利用限度額は、インターネットで入手した情報とは違っていた。おかしいという経験はありませんか?

“クレジットカードの利用限度額を引き上げる方法”の続きを読む

携帯電話しかなくてクレジットカード審査は通る

クレジットカードの申請をするとき、書類でもインターネットのWeb申し込みでも、「電話番号」記入欄があります。

いまどき固定電話も携帯電話も持っていませんというひとは少ないと思いますが。
でも一人暮らしで自宅に固定電話を引いていないという若者世代って結構多いんですね。

インターネット回線の光ファイバーは電話回線を利用していますが、固定電話番号をもっていなくても引くことができますから、いまや固定電話は要らないという時代なのかもしれません。

では、クレジットカードの申請の際に固定電話を持っていませんという場合、どうなんでしょう?

“携帯電話しかなくてクレジットカード審査は通る”の続きを読む

クレジットカード申請前に個人信用情報を知る方法

クレジットカードの審査に落ちてしまう理由はいくつかります。

代表的なものが、過去の金融履歴。
以前、借入返済を滞納したことがあるとか、
クレジットカードの引き落としを何度も繰り返して飛ばしたことがあるとか。

しかし、なかにはどうしても理由が分からないのにクレジットカードの申請が通らなかったというケースもあるようです。

例えば、実際に次のようなケースもあったようです。

“クレジットカード申請前に個人信用情報を知る方法”の続きを読む

中小企業経営者のための事業性資金手形割引

自民党政権が復活しアベノミクスによって景気が上向きになる傾向が見えてきた。そんな昨今ですが、経営者のみなさんの状況は変わりましたか?

全然変わらないですよね。逆に円安で仕入れ原価が上がったのに売り値に反映できず、利益を落としているのが現状。

中小企業の経営者にとって、不景気であることには何の変わりもない。それどころかどんどん状況は厳しくなっていませんか?

こんな状況下で中小企業の経営者にとって最も頭を痛めるのが会社の資金繰り。社員の給料が支払えないかもしれない、仕入先への買掛金が決済できないかもしれない。

この時期、会社の信用を落としてしまったら、もう先がありません。

“中小企業経営者のための事業性資金手形割引”の続きを読む